ペットの事を考えたフロアコーティングとは!愛犬を守るためのフロアコーティングノウハウ!

ペットの事を考えたフロアコーティングとは!愛犬を守るためのフロアコーティングノウハウ!

愛犬のための床といえば、カーペットを採用するご家庭が多くあります。

近年は床にフロアコーティングを採用することにより、犬などのペットがいるご家庭でも、シミや臭いに悩まされることなく、衛生的に快適過ごせると評判です。

愛犬にはフロアコーティングは問題はないのか、様々な角度から解説していきます。

●     フローリングで愛犬を飼うことは難題いっぱい

●     フロアコーティングは愛犬の様々な不便さを解消させる

●     フロアコーティングは意外に愛犬へ悪影響がないの

●     フロアコーティングは愛犬のケガや汚れも解決させる凄い施工方法

●     フロアコーティングは愛犬や生活で付いた床への傷を目立たなくさせる

  1. ペットがいるご家庭に生活のしやすさを与えるフロアコーティングの良さ
    1. 愛犬のいる家庭でのフローリングは犬の怪我やフローリングの汚れなどがある
      1. ①爪で床をひっかいて傷だらけにしてしまう
      2. ②おしっこを床の上でしてしまうことで、シミだらけになってしまう
      3. ③外に散歩に行って外の砂などの汚れを室内に持ち込み床が汚れたり傷がつく
      4. ④フローリングは滑りやすい床なので、愛犬が転んでしまう
      5. ⑤犬独特の臭いがフローリングに染み込んでしまい、嫌な臭いが発生してしまう
  2. フローリングにもフロアコーティングが最適な理由
    1. フローリングの傷が目立たなくなる
    2. 無垢材のフローリングの傷が研磨される
    3. 色あせが目立たなくなる
  3. 愛犬にフロアコーティングは問題ないのか
    1. 犬の健康面でプラス面が多い
    2. 本当にケガを防げるのか
    3. 床が清潔になる
  4. フロアコーティングを採用することで発生する愛犬へのデメリット
    1. 滑り止めが効き過ぎてしまう
    2. 選ぶフロアコーティングによっては理想の効果が出にくい場合もある
  5. フロアコーティング業者の選び方
    1. 自社施工でフロアコーティングを行っている
    2. ショールームで実体験してみよう
    3. 仕上がりサンプルを作ってくれる
    4. 愛犬だけでなく人間も満足できるフロアコーティングを提案してくれる
    5. お客様の都合の日時で施工してくれる
  6. フロアコーティングの注意点
  7. フロアコーティングを利用する際に目を向けるべきポイント
    1. 愛犬の粗相が酷い場合に選ぶべきフロアコーティング
    2. 愛犬が爪を立てて歩くので傷がつきにくいフロアコーティングを選びたい
    3. すぐ転んでしまう愛犬にピッタリのフロアコートとは
    4. 費用が高いフロアコーティングの方が効果が高いのか
    5. フロアコーティングは愛犬にやさしい空間を実現する

ペットがいるご家庭に生活のしやすさを与えるフロアコーティングの良さ

ペットがいるご家庭の床をフローリングにした場合、様々な悩みが発生します。

愛犬が動きまわることにより傷やシミが発生し、床は傷んでいきます。

愛犬のいる家庭でのフローリングは犬の怪我やフローリングの汚れなどがある

フローリングの床で愛犬を買う場合、どのようなフローリングの悩みが発生するのか、以下にピックアップしてみます。

フローリングの床で犬を飼う際の問題点

●        爪で床をひっかいて傷だらけにしてしまう

●        おしっこを床の上でしてしまうことで、シミだらけになってしまう

●        外に散歩に行って室内に戻ってきたい際に、外の砂などの汚れを室内に持ち込んでしまい、床が汚れたり傷がついてしまう

●        フローリングは滑りやすい床なので、愛犬が転んでしまう

●        フローリングが滑りやすいことにより、愛犬がケガをしてしまう

●        犬独特の臭いがフローリングに染み込んでしまい、臭いが発生してしまう

ペットが室内にいるのだから、上記のようなことが発生してしまうのは仕方がないと思うかもしれません。

しかし、このような愛犬の難題の解決のために効果的なものがあります。

それが、フロアコーティングです。

フロアコーティングを行うことにより、以上に挙げた悩みがどのように解決するのか、ご紹介いたします。

①爪で床をひっかいて傷だらけにしてしまう

フロアーコーティングによりフローリングの上に1枚の膜ができるので、愛犬が爪で床をひっかいても、傷がつきにくい状態となります。

そのため、傷に悩まず綺麗な床が維持されます。

②おしっこを床の上でしてしまうことで、シミだらけになってしまう

フロアコーティングにより、フローリングの上に1枚の透明な膜ができます。

その上に愛犬がおしっこをしてしまっても、フロアコーティングが水分をしっかりはじくので、フローリングにシミができる原因を防ぎます。

③外に散歩に行って外の砂などの汚れを室内に持ち込み床が汚れたり傷がつく

フロアコーティングの施工により、フローリングの上に1枚の膜が作られます。

そのため、外での愛犬の散歩の後で室内に持ち帰ってしまう砂などの汚れにより、床が傷つく等の心配が少なくなります。

また、フロアコーティングの上に汚れが付着するので、簡単な拭き掃除でお掃除が済ませられます。

④フローリングは滑りやすい床なので、愛犬が転んでしまう

フロアコーティングはシリコン系なので、床に馴染ませる一般的なワックスとは違い、滑りにくい床となります。

そのため、愛犬は床の上で走り回っても滑り難いので、ケガ予防となって安心です。

⑤犬独特の臭いがフローリングに染み込んでしまい、嫌な臭いが発生してしまう

フロアコーティングの施工により、愛犬の汚れがフローリングに染み込むのを防ぐため、犬独特の嫌な臭いを残さずに済みます。

このように、フローリングの家にフロアコーティングをするだけで、愛犬を室内で飼う際に発生してしまう悩みの多くが解決します。

フローリングにもフロアコーティングが最適な理由

フロアコーティングは、愛犬に対しての効果のみではありません。

フローリング自体にも効果を発揮させます。

フロアコーティングはフローリングにどのような効果を発揮させるのか、以下にご紹介します。

フローリングの傷が目立たなくなる

長年使っているフローリングは、細かい傷が発生してしまいます。

フロアコーティング施工を行うことにより、細かい傷がリフレッシュして綺麗に見えるようになります。

ワックスでは出ない綺麗さが、実現します。

無垢材のフローリングの傷が研磨される

無垢材のフローリングは、フロアコーティングによって表面が程よく研磨され、新品のような床になります。

無垢材はどうしても傷がつきやすいのですが、フロアコーティング施工により傷の角が研磨されるので、平らで新品のようになります。

色あせが目立たなくなる

フローリングを長年使っていると、どうしても色あせが発生してしまいます。

色あせした部分に上手くフロアコーティング剤が入ることにより、色あせのムラが目立つのを防ぎます。

愛犬にフロアコーティングは問題ないのか

室内で快適に愛犬と過ごすために有効なフロアコーティングのメリットを、以下にご紹介します。

犬の健康面でプラス面が多い

1番心配なのは、フロアコーティングをすることで健康面に悪影響を与えないかです。

犬は床を舐める習性があるので、フロアコーティングが有害ですと健康を阻害してしまいます。

フロアコーティングの多くは、F★★★★を取得しています。

F★★★★のフロアコーティングであれば健康に配慮されて作られているので、安心して使えます。

本当にケガを防げるのか

フロアコーティングの塗布によって逆に床が滑りやすくなると思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

フロアコーティングには滑り止め機能があるので、床の上で滑ることが無くなり、足腰等の関節への余計なダメージを防ぎます。

愛犬はあちこち走り回るのが好きですが、フロアコーティングは滑って体へかかる負担を和らげるので、健康維持につながります。

床が清潔になる

愛犬は、食べ残しや粗相により床を汚くしてしまうことがあります。

フロアコーティングによりフローリングに食べ残しや粗相が染み込むのを防ぎ、サッとふき取るだけで綺麗になります。

臭いも抑えられるので、綺麗で清潔な空間になります。

愛犬の独特の臭いというのは飼い主のストレスとなる場合がありますが、嫌な臭いが発生しないことにより、ストレスフリーになります。

フロアコーティングを採用することで発生する愛犬へのデメリット

逆に、フロアコーティングを使うことにより愛犬へ発生するデメリットもあるため、以下にご紹介します。

滑り止めが効き過ぎてしまう

フロアコーティングには滑り止め効果があるので、滑りにくい床となります。

それによって愛犬が楽しく走り回れなくなってしまう場合があります。

楽しく自由に走り回れないことが愛犬のストレスになってしまうこともあり、ペットに合ったフロアコーティングを選んで使うことが大事です。

選ぶフロアコーティングによっては理想の効果が出にくい場合もある

フロアコーティングには様々な種類があり、コーティング剤によっては滑り止め効果などの得たい効果が得られない場合があります。

例えばフロアコーティングの中にガラスコーティングというものがありますが、ガラスコーティングは傷が付きにくいものの滑りやすい床となります。

愛犬のケガや関節への負担を考えたフロアコーティングをお考えの場合は、ガラスコーティングは不向きです。

その点でUVコーティングは滑りにくいので、おすすめです。

フロアコーティング業者の選び方

フロアコーティングを施工する際の、業者選びのポイントを以下に紹介いたします。

自社施工でフロアコーティングを行っている

フロアコーティングの業者の営業形態は、大きく分けて2つあります。

1つは自社施工で全て自社の職員でフロアコーティング作業を行う業者、もう1つは下請けに出してフロアコーティングをする業者です。

自社施工でフロアコーティングを行う業者は、そのペットに合ったフロアコーティングを選定、提案します。

自社施工という看板を背負っているので、施工も丁寧に行い、綺麗なフロアコーティングに仕上がります。

ショールームで実体験してみよう

フロアコーティング施工業者の中には、ショールームを持っている業者も多数あります。

ショールームは実体験ができるので、愛犬を連れていって実際にどのようなものなのか体験して決められます。

滑り止め効果、耐候性、アンモニアへの対応効果など、様々な細かい部分を感じられます。

また、ツヤの程度も実際に見て確かめられるので、床の綺麗さなども体験できます。

仕上がりサンプルを作ってくれる

ショールームが無くても、仕上がりのサンプルを作ってくれる業者であれば、どのようなフロアコーティングになるのかを手で触れて感じられます。

仕上がりサンプルを作ってくれる業者は、お客様想いの業社、丁寧なフロアコーティングに仕上げてくれます。

逆に仕上がりサンプルの作製をしぶる業者は、良い業者とはいえません。

自分の会社都合で施工する可能性があるので、おすすめできない業者です。

愛犬だけでなく人間も満足できるフロアコーティングを提案してくれる

きっかけは愛犬のためのフロアコーティングであっても、室内で過ごすのは愛犬だけではありません。

人間も生活するものであり、愛犬がきっかけでフロアコーティングの施工を決心したとしても、人間も不自由なく安心して使えるものを選びましょう。

優れたグリップ力や抗菌力など、人間にとっても良い特長がある物を選ぶことで、愛犬も人間も不自由なく室内で過ごせます。

フロアコーティングに詳しい業者は、愛犬だけではなく家族構成も事前にチェックして、人間にも便利なフロアコーティングを選定してくれます。

お客様の都合の日時で施工してくれる

共働きなど時間に自由がないご家庭の場合、フロアコーティング施工の時間に限りがあります。

そのため、お客様の都合の日時に合わせることに嫌な顔1つしない業者であれば、お客様の立場に立って施工をしてくれるような、望ましい業者と言えます。

中には朝早くから施工をしてもらい「自分たちの勝手な都合に業者が合わせてくれて、すごく助かった」という声も挙がっています。

フロアコーティングの注意点

フロアコーティングの注意点といえば、残念ながら小さな傷がついてしまうことです。

お金をかけてフロアコーティングをするのに、小さな傷が付くのはおかしいと思うかもしれません。

フローリングの上にフロアコーティングという皮膜ができることで、フローリング自体の劣化はある程度防げます。

しかし、細かい傷というのは、どうしても付いてしまいます。

フロアコーティングする前より傷がつきにくくなったと思うと、気にならない程度の注意点です。

フロアコーティングを利用する際に目を向けるべきポイント

フロアコーティングを利用する際、目を向けるべき様々なポイントがあります。

ついつい抜けてしまいがちなポイントばかりであるため、是非チェックしましょう。

愛犬の粗相が酷い場合に選ぶべきフロアコーティング

愛犬が年齢を重ねるにつれ、心配事といえば粗相が多くなってしまうことです。

粗相した尿が染み込むのを防ぐフロアコーティングは、UVコーティングです。

UVコーティングは、フロアコーティングの中で特に耐水性があり、水分を綺麗にはじきます。

水分が染み込みにくいので、シミや臭い対策になります。

愛犬が爪を立てて歩くので傷がつきにくいフロアコーティングを選びたい

フローリングに傷がつきにくいフロアコーティングは、UVコーティングとガラスコーティングです。

ガラスコーティングは滑りやすいため、足腰が弱い愛犬のお宅にはおすすめできません。

すぐ転んでしまう愛犬にピッタリのフロアコートとは

室内で飼っている愛犬は走り回るのが大好きな場合が多いので、転んでしまうことは日常茶飯事です。

そんな愛犬には、滑り難いフロアコートがおすすめです。

UVフロアコートはグリップ力が高いので、走り回る愛犬に最適です。

費用が高いフロアコーティングの方が効果が高いのか

フロアコーティングには様々な種類があり、どれが良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。

ご家族や愛犬のライフスタイルに合わせたフロアコーティングが1番であり、価格にとらわれないことをおすすめします。

価格が高ければ良いフロアコーティングなのではなく、特徴など細かく調べた上で、ご自宅に合ったフロアコーティングを選びましょう。

フロアコーティングは愛犬にやさしい空間を実現する

愛犬というのは人より目線が低いので、床というのは生活の中でとても大事な部分です。

愛犬の事を考えてフロアコーティングを行うのであれば、舐めても大丈夫、滑り難いなどの、快適に生活ができるフロアコーティングを選びましょう。

愛犬の粗相も解決できるフロアコーティングは、愛犬も人間も室内で快適に暮らしていくために、とても優れた施工技術です。

予算や用途に合わせたフロアコーティングで、愛犬と快適に暮らせる空間作りをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました